猫と麺類

高校生の頃自宅でネコを飼っていたことがありました、ありふれた茶ブチでしたが本当にかわいい奴で、僕もとてもかわいがりました。名前はミーと家の者はよんでいましたが、僕自身は「ネコ」と名付けました、猫だからネコです、とてもシンプルな名前ではないですか。

当時はペットの名前というと犬だったらポチとかシロ、猫だったらタマとかやっぱりシロといった「いかにも」的なものが主流でした、もちろんこれは僕のイメージで実際は違った現実があったのでしょうが。

ネコは表に出るときにはいつも座敷の引き戸を前足で器用に開けて出ていきました。もちろん開けっ放しです、いつも外では何をしていたのか知りませんが帰宅の際は応接間の窓からいつも入ってくのです。

しかしこの窓はサッシであり普段はカギもかけてあるので自分で開けることはなく、外から開けてくれと鳴き声で合図をするのでした。とても利口で美しく凛とした品格がありましたが2年ほど暮らした後天国に召されました。

その後2週間ほどして、見たことがない一匹の黒ブチの子猫がどうどうと玄関から入ってきました。家の者からクロと名付けられたその子供はかわいいことには変わりはありませんが、先代に比べ動きも緩慢でどこか精彩も欠きます。

僕は「タロウ」を命名し、やっぱりかわいがりました。その後3年ほどして先代の後を追ってしまいましたが僕は2匹の猫と子供のころから生活を共にしたのでなんとなく猫の習性とか気持ちがわかるような気がします。

そして以来飼ったこともないのですが猫はやっぱり大好きです。うちの近所にはたまに野良猫がウロウロしています、彼らを見ると、人間などに飼われることなく彼らなりに自由に生活できる場所などもうないのかと思ったりして、とても切なくなります。

それから思い出なのですが先代は「ヤキソバ」を好んで食べました、なんでこんなものが好きなのかわかりませんが、夜中になると腹を空かした僕が作ったヤキソバをよく一緒にうまそうに食っていました、そして二代目はヤキソバを与えても見向きもしないのですがなぜか「うどん」が好きでした。

猫は特定の麺類を好むものなのか、遠い昔まだ学生だった僕は不思議に思ったものでした。あれから何十年も経った今、ペットを取り巻く環境もずいぶん変わり犬や猫も高齢化がすすみ「生活習慣病」にかかる時代になったとか、人間の生活の翻弄されていく彼らがなんというのか、かわそうでなりません。

在宅ワークでもモチベーションを

読書は好きなのですが、自己啓発本は嫌いでまず読んだことがありませんでした。それが好んで読むようになったのが2年ほど前から、退職を機に「自分の背中を押してくれる人」を求めていたのでしょう。

僕にはそんな友人も知り合いもいませんので本に頼ったわけです。そして読み始めるとどうでしょう、たまたま手にした本の内容が良く運が良かったのか、面白いのです。ただ2日もすれば中味は忘れてしまいます、一時的に元気にしてくれるもの、ユンケルでも飲むようなものかもしれません。

本の内容は忘れても気に入った言葉が二つ三つでも記憶の片隅にでも残れば、まあいいのではないかと思っています。こういった本は小説や物語とちがって実に読みやすいのも特徴ですね、極端な話どこから読んでもいいような内容ばかりなのですから。

だから都合の良いところや、要点だけを読み込んだらあとは捨てる、要するに読まないなどといった「読書術」なんかを解く人間などもいたりするわけです。しかし「○○の習慣」などといった厚手の翻訳物については逆にとても読み辛い、表現がまだるっこいというか、どうも苦手なので途中で投げてしまいます。

ただしこの手の本やビジネスについてはアメリカなど先進国であり日本で活躍されておられる方も参考にしておられるそうです。どういうきっかけで購読が始まったのかさっぱりわかりませんが、名前は失念しましたが世界的に有名な企業コンサルタントさんの日本代理店のようなところからよくメルマガが送られてきています。

たまにセミナーが開催されるそうですが参加費は300万円と全く意味不明、しかし世界中から受講希望者が殺到するなどと書いてありました。メルマガにはいつもビジネスヒントのような文章が添えられおり、なかなかタメにもなり目は通すのですが本日は「モチベーション」について書かれていました。

要約すれば「小さな成功を、都度みんなで認め喜ぶ習慣」こんなことを取り入れた企業が数年で社内環境もやる気も業績も著しく向上した、そのようなことが書かれておりました。これは個人においても言えることなのでしょうね。

特に在宅ワークなどモチベーションがピンと張っていないとだらけたものになってしまいます。しかしそんな在宅ワークで月に100万円稼ぐ話もあることを知っていましたか。なかなか面白い商売です、彼女たちにコンサルをする商売だってありかもしれません。面白そうだとは思いませんか。

元町へ繰り出す理由

5月7日、今日の午後は元町へ繰り出しておいしい中華料理でも・・・ではありません。このあたりには10件近く宝くじ売り場があるのですが、ここで一発「勝負」しようと思っているのです。

なんといっても今日は天赦日、大安吉日よりも縁起の良い一年に数日しかない、とても貴重な日なのですから。「当たる」と評判の宝くじ売り場は僕のようなムシの良い人間でさぞにぎわうことでしょう、おまけに日曜日と重なりますし天気も快晴なのですから。

また結婚や結納、開店などにも良い日とされています、結婚式場もさぞかし盛況なことでしょう。そしてお財布を買うならこの日がおススメです、お配布の広告がベタベタ貼られたりしていませんか。

さらにこの日は思い切って告ってみるにも良い日であるとされているようです、恋愛関係でお悩みであれば、こういったきっかけを利用して自分で背中を押してみましょう。

ところで「戦勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」暦をよく見ると小さく記入されていませんか、中国の「六曜」というのですが意味は分からなくても馴染みのある言葉ではないでしょうか。

この通りの順番で回って来るのですが、該当する日の運勢が定められたものです。ちなみに今日は先負ですね、「急いではいけません、慎重に」でしょうか。だからゲンを担ぐのなら午後に行動されるのが良しとされます。だから宝くじを買いに出かけるのも「午後」としたわけです。

これに対して逆なのが「先勝」ですね。こんなことはべつに意識などしていませんがいざという時には「仏滅だから日が悪いな」など妙にこだわる風潮は今に始まったわけではありません、古い文化風習の一つです。

占いには途方もない歴史があり本当に困ったときなど解決の糸口となるものです。とくにここ横浜には中華街もあり占いも盛んです、よく見るとテレビの情報番組などでも取り上げられたりもしています。

こんなものには興味がない方も多いのかと思いますが占い館は調べてみると、全国いたるところに意外なほど多いことがわかります。せっかく元町まで出るわけです、中華街で鑑定でもしてもらってもいいかな、などと思っています。

いいいことがありますように、もちろんあなたにも!