在宅ワークでもモチベーションを

読書は好きなのですが、自己啓発本は嫌いでまず読んだことがありませんでした。それが好んで読むようになったのが2年ほど前から、退職を機に「自分の背中を押してくれる人」を求めていたのでしょう。

僕にはそんな友人も知り合いもいませんので本に頼ったわけです。そして読み始めるとどうでしょう、たまたま手にした本の内容が良く運が良かったのか、面白いのです。ただ2日もすれば中味は忘れてしまいます、一時的に元気にしてくれるもの、ユンケルでも飲むようなものかもしれません。

本の内容は忘れても気に入った言葉が二つ三つでも記憶の片隅にでも残れば、まあいいのではないかと思っています。こういった本は小説や物語とちがって実に読みやすいのも特徴ですね、極端な話どこから読んでもいいような内容ばかりなのですから。

だから都合の良いところや、要点だけを読み込んだらあとは捨てる、要するに読まないなどといった「読書術」なんかを解く人間などもいたりするわけです。しかし「○○の習慣」などといった厚手の翻訳物については逆にとても読み辛い、表現がまだるっこいというか、どうも苦手なので途中で投げてしまいます。

ただしこの手の本やビジネスについてはアメリカなど先進国であり日本で活躍されておられる方も参考にしておられるそうです。どういうきっかけで購読が始まったのかさっぱりわかりませんが、名前は失念しましたが世界的に有名な企業コンサルタントさんの日本代理店のようなところからよくメルマガが送られてきています。

たまにセミナーが開催されるそうですが参加費は300万円と全く意味不明、しかし世界中から受講希望者が殺到するなどと書いてありました。メルマガにはいつもビジネスヒントのような文章が添えられおり、なかなかタメにもなり目は通すのですが本日は「モチベーション」について書かれていました。

要約すれば「小さな成功を、都度みんなで認め喜ぶ習慣」こんなことを取り入れた企業が数年で社内環境もやる気も業績も著しく向上した、そのようなことが書かれておりました。これは個人においても言えることなのでしょうね。

特に在宅ワークなどモチベーションがピンと張っていないとだらけたものになってしまいます。しかしそんな在宅ワークで月に100万円稼ぐ話もあることを知っていましたか。なかなか面白い商売です、彼女たちにコンサルをする商売だってありかもしれません。面白そうだとは思いませんか。