人気の秘密

ぼんやりテレビを見ていたらムダ毛が嫌いな男の日常が取り上げられていた、ひげ剃りのような、ムダ毛シェーバーとでもいうのかをジージーいわせながら腕、脚しれに胸の毛の処理に余念がない。その様子がたぶん潔癖症なのだろう、執拗というか病的であり気味が悪かった。一日何回もこういった行為を繰り返すのである、しかし見た目は特別毛深い体質にも見えない。とにかくちょっとでも顔を出されるのが嫌で嫌でしょうがないらしい。

むかしだったらワキ毛を剃る男などいなかったが、今はそうでもない。とくに夏場を迎え、肌を露出させる機会の多い季節になるとなおさらであろう。また脱毛に限らずメンズ美容市場は増加の一途と聞く、脱毛市場も700億円のうち男性客相手は150億円にも及ぶとのこと。男の脱毛とは毛深さをコンプレックスにされた方がこっそり行うものであったはずだ。いやむしろ胸毛など、男らしさの象徴などともてはやされたものではなかったか。

こういった価値観の変化に絡むのはやはり女性の存在である。女性は身だしなみとしてムダ毛を処理することがごく当たり前となっている、女性の立場から見れば伸び放題となっている男性の体毛はただ不快なものとしか映らないのかもしれない。またそういったことが女性の方から言える世の中になったのであろう。いつの時代になっても男性は女性の気を引きたいと思って生きている、男もいつしか体毛をムダ毛として認識し始めた背景にはこんな事情があるのかもしれない。

しかし実際にヒゲなどを脱毛してしまうと本当にラクなのだそうです。また面白かったのが、スネや腕の剛毛がなくなったおかげで、ファッションが楽しめるようになったといた話ではなく、陰部をすっきりさせたところ、本当に快適な毎日を過ごせるようになったといった声が実に多いことでしょうか。このVIOライン脱毛はとくに人気があるそうです(人気の秘密はこちらに詳しく解説されています)、気になるようでしたらあなたもひとついかがでしょうか。