源泉かけ流し

「源泉かけ流し大森の湯」にしばらく浸かって過ごした。ここの湯は温度計を見ると42度、たぶん温泉の中では熱いほうの仲間に入るのではないか。僕は熱い湯を好むので最近泊まった宿ではいつも物足りなさを感じていた。それだけにこりゃいいわ、と思たりしたのだか情けない話のぼせてしまった。往年の頃は2時間くらい過ごさねば温泉に浸かった気はしなかったのだが、これも体力の衰えなのか。小さな水風呂があったので腰までつかってみたが冷たくしびれとても入れない、よく平気でザブザブ浸かっているオヤジがいるがあんな真似はとてもできない。

しばらくぼんやり洗い場の椅子に腰かけ出入りするおっさんたちを見ていると手提げのついたカゴの中にシャンプーやリンス、それからクリーらしきものを詰め込み持参して入ってきたオヤジがいた。冴えない普通のおやじである、腹もみっともないくらい出っ張っている。若い衆ならまだわからないでもないがなにがシャンプーだこの、と思ったりした。泡が激しく湧き出している風呂ではどこの国から来たのか赤ら顔の外人のおやじが鋭い目をして入っている、わりと小柄だが体毛がすごい。頭は金髪なので胸毛も白っぽい。

たまたまレーザー脱毛の話を読んだばかりだったのだが、レーザーの場合組織を破壊させるのだがその際、黒い色に反応させるため白髪は脱毛ができないそうである。また極端な日焼けをした肌にも同様に効果がないらしい。このオヤジは脱毛などする気はないのだろうが全身コースでも選択すれば、いったい幾らくらいかかるのであろう。それからやっぱり禿げたオヤジは相対的に体毛が濃いように見えるがこれについてはいかがなものだろう。そんな目で観察すると背中に毛が生えた人、ケツ一面毛に覆われたオヤジなど体毛についても濃い人は本当に濃い。

脱毛に走る男が増えているようである、たしかに見栄えはあまりいいものではないな、などと思ったりした。ちなみに僕は幸いなことに薄いほうです。