物販

アマゾンで物を販売するようになってそろそろ2年になる、ただし片手間というか小遣い稼ぎになればいいくらいの感覚なので力を入れているわけではない。それでも始めてみたばかりの頃は商品が販売されるのがうれしく、一日に何度も何度も売れ行きが気になりサイトへのアクセスを繰り返してしたものだった。ほとんどは自宅に合った不用品なので仕入れは0円、売値がそっくり売上高となる。そこから手数料として売値の35%ほどが差し引かれる。35%は大きいが商品管理、受注から発送に回収、また返品対応やクレーム処理まで行ってくれるわけなので出品者は売れ筋商品の仕入れに専念できるといったメリットの方がおおきい。

だだししょせんは片手間なのである程度出品が済めばあとはだんだん興味もうすくなり、気がつけば本来ならば売り上げと相殺されるべき手数料の請求が発生(売り上げが手数料さえも下回っている)そしてついに今月、アマゾンより滞留在庫判定される商品が約30点にもなる旨通知をいただいた。こうなると保管手数料がぐんと跳ね上げるのでお金を払ってさらに在庫をさせるのか、廃棄を依頼する、もしくは出品取り消し(返送してもらう)の三択である。14日までに手続きをしなければならないが返送の方向性で考えている。そしてオークションにでも出してみるつもりだ。楽譜が多いので束にしてみれば二束三文でさばけるのかもしれない。

あまり景気の良い話ではないが、しかたない。物販はおもしろいしネットビジネスをはじめるのなら最適であると思う、でもほどほどに切り上げることも大事なので時期を見失わないよう行うことも大切である。主に楽譜を中心に販売をしていたのであるが意外と好調であったのが「占い」利益額はたいしたことはないが割とはずれがなかったことは意外であった、ネットで検索してみても占いそのものの人気も高いことがよくわかる。僕も一回お世話になってみようかなどと思っている。